クレジットカード現金化で得する秘密

クレジットカードの現金化で金利を抑えることができるのはなぜか

手持ちの現金がないのは誰でもピンチでしょう。
何か珍しいことではなく、誰にでも起きることです。
ピンチなのですから、乗り切るための方法を考えなければいけません。
方法としては、現金が必要ない状況にするか、それとも現金を作るしか選択の余地はないでしょう。
問題はどうやって実現するかということです。

そんな時に、クレジットカードが一つあれば、キャッシングができたりするでしょう。
乗り切ることができる場面時も本当に多くあります。
ところが、上限まで使い切ってしまえば、もう借りることはできません。
キャッシングは金利が高いものでもあることから、使いたくないという人もいるのです。
そんな状況の中、現金を作る方法は限られています。
それでもクレジットカードはうまく活用すれば、現金を作ることができるのです。

クレジットカードを使う方法ですので、誰かに迷惑をかけることもないでしょう。
あくまでも自分名義の範囲におさめられます。
キャッシングの様に、新たな審査もありません。
ショッピング枠を使いますので、キャッシングより金利も抑えることができるのです。
この二つの金利の違いを知らない人も多いでしょう。

方法は簡単で、専門の業者からキャッシュバック付きの商品を購入し入金を待つだけで終わります。
ほかにも、返品を使って現金にすることができる業者や、特定の商品を購入が条件となっており、その場で換金し現金を振り込む方法までいろ いろ多彩です。

ここで重要なのが、換金率という言葉です。
商品の購入額に対して、現金の量を示しており、振込金額が変わります。
この数値によっては、かなり大きな差を生み出すのです。
相手の手数料として存在するものでもありますので、できるだけ高いところを選ぶことが返済金利に対する手助けにもなります。
しかし、あまりに高い還元率は、現実的に考えてできません。
平均値といわれている80%前半を踏まえておくと、失敗も防ぐことができるでしょう。


↑ PAGE TOP