クレジットカード現金化で得する秘密

返品を使ったクレジットカードの現金化とリスク

クレジットカードの現金化もさまざまな方法が考えられてきました。
その中でも、商品を購入して売却するというのが基本といえる方法です。
ですが、クレジットカードを使って購入した商品を売却するのならば、その差額である換金率の問題が出てきます。
できるだけ高い換金率にしたいと思っても、買取り側の問題も出てきますので、簡単にはいかない部分があるのです。

ところが、換金率を100%にする方法があります。
それが、返品です。
ただし、乱用すればクレジットカードの利用を停止されてしまう可能性も忘れてはいけません。
相手に対して不利益を与える部分があるため、よく考え行動していかなければいけないリスクも含んでいるのです。

方法としては、いたって単純です。
クレジットカードで商品を購入したら、その商品を購入した相手に返品をするだけです。
この時に現金として返還してもうようにしていくのが重要でしょう。
単純に考えると商品価値に変わりはありません。
当然換金率は100%になるでしょう。
しかし、単純に返品すれば、当たり前のことですがクレジットカードの利用歴を取り消すだけです。
これでは、現金化ではないでしょう。

条件の一つとしては、その日に返品しないで起きます。
クレジットカードで購入したとき、処理の取り消しで済んでしまうからです。
当日以降に返品ということになると、クレジットカードの処理が進んでいるはずでしょう。
ここを狙って、翌日に返品することが重要です。
翌日に返品することで、容易に取り消しができなくなってしまいます。
そこで、考えるのが、クレジットカードの利用履歴は消去せず、現金を返還し舞うことなのです。
手っ取り早い方法ですし、クレジットカードの面倒な処理もしないで済むでしょう。
返品したほうも現金を得ることで、ことを解決できるのです。

この方法は、どんな店舗でも応じてくれるわけではありません。
商品によっては、簡単に返品できない場合もあります。
店舗としても、等価の現金で返品したように見えて、カード決済の手数料の損失を出します。
こういったことを理解すると、容易に行えるものではないこともわかるでしょう。


↑ PAGE TOP